医療機器・技術の最新情報提供毎週月曜

(C)コピー等による契約者様以外
への提供は固くお断りいたします。

MEジャーナル
Medical Equipments,Devices and Electronics
初めてのお客様 無断複写・転送・転載はお断り
新薬創出加算と医薬品業界
仕組みと影響の解明
製薬企業、医薬品卸のみならず、医療関係者に携わる全ての関係者必読の書。
著書 :井高 恭彦
発行日 :2010年3月
価格 :1,620円
薬新カフェ
Topics2019.10.15
■厚労省 再製造SUDは3割引目安に個別検討を
 専門委員 最大5割引目安の主張に「慎重な検討を」
部会での議論に臨む林専門委員(左)部会での議論に臨む林専門委員(左)  厚生労働省は10月9日に開いた中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会に、1度限りの使用で廃棄する医療機器(SUD)を分解、洗浄、滅菌して再利用する、再製造SUDの価格設定について、「バイオ後続品の薬価算定(先発品の30%引き)を参考にしつつ、個々の品目ごとに検討してはどうか」と提案した。...続きを見る
■チャレンジ申請 B区分収載希望でも権利付与
 材料部会 保材専でチャレンジ権付与を審議へ
 中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は10月9日の会合で、保険収載後に明らかになった臨床的有用性に基づき、公定価格の引き上げを求めることができる「チャレンジ申請制度」について、現行のC区分申請にとどまらず、B区分申請の製品にも、間口を広げることで、診療側・支払側委員の意見が一致した。...
■再生医療等製品 独自の算定ルール策定は時期尚早
 条件付き承認品はチャレンジ申請の対象に
 中央社会保険医療協議会は10月9日、保険医療材料専門部会を開き、再生医療等製品について、独自の算定ルールを作ることは時期尚早との見解で、委員の意見が一致した。...
■透析医療は適正化の方向性を継続へ 中医協
 シャント閉塞繰り返す困難例の算定制限は緩和へ
 中央社会保険医療協議会は10月9日の総会で、血液透析を評価する診療報酬点数「人工腎臓」について、腎性貧血治療薬の後発品(後発バイオ医薬品、バイオシミラー)が登場することを踏まえ、包括評価点数を引き下げる方向で議論した。...
■GE 病院IoT化構想でさらなる効率化目指す
 村田製作所と連携 屋内測位システムを採用
 GEヘルスケア・ジャパンは10月9日、同社の病院IoT化構想「Brilliant Hospital」の更なる推進に向けて、村田製作所の屋内測位システム「OWLiQ tracking」を採用したと発表した。...
■薬系技官OBの磯部氏 日薬へ
 15日に採用 石井甲一氏と理科大つながり
 日本薬剤師会は10月9日に開いた定例記者会見で、元薬系技官の磯部総一郎氏(前監視指導・麻薬対策課長)を15日付で採用すると発表した。【15日午後、写真追加】...
2019.07.03
2019年7月26日(金)第5回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅日本橋カンファレンスセンターで開催します。
2018.05.14
2018年6月29日(金)第4回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅日本橋カンファレンスセンターで開催します。
2016.06.07
2016年7月8日(金)第3回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで開催します。
2015.09.25
「大型医療機器の診療報酬のあるべき診療報酬の姿」を発刊いたしました。
2015.05.11
6月18日(木)第2回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで開催します。
2014.09.11
10月16日(木)第1回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで開催します。
2012.04.27
『WEB-MOOK医薬品「値決め」の掟』が発売
2010.09.06
医療機器や医療技術を中心に情報発信するMEジャーナルWEBサイトがスタート
医療機器・技術の専門情報MEジャーナル Copyright(C)2010 Yakushin Co.,Ltd.All right reserved.