医療機器・技術の専門情報サイト『MEジャーナル』

LATEST UPDATE2020.06.01

毎週月曜更新

初めてのお客様
無断複写・転送・転載はお断り ログインについて

書籍紹介

新薬創出加算と医薬品業界
仕組みと影響の解明
製薬企業、医薬品卸のみならず、医療関係者に携わる全ての関係者必読の書。
著書 :井高 恭彦
発行日 :2010年3月
価格 :1,620円
薬新カフェ

LATEST UPDATE2020.06.01

毎週月曜更新

【MEジャーナル 速報】
■食道前がんの冷凍焼灼など3製品を早期導入品目に選定
 ニーズ検討会 公募品は義眼台1品目のみ

 厚生労働省は6月2日、電子メールなどで開催した「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」の審議結果を公表し、食道にできた前がん病変に対する冷凍アブレーション(焼灼)システム「C2 CryoBalloon Ablation System 」(HOYA)など3品目を、早期導入品目選定した。厚労省によると、3品目とも企業に開発を打診し、すべて前向きだという。・・・

経済産業省・医福室の富原早夏室長(2019年6月撮影)

経済産業省・医福室の富原早夏室長(2019年6月撮影)

■人工呼吸器など治療機器の高い海外依存度に危機感
 経産富原氏 コロナ禍の連携足掛かりに新たな連携を
経済産業省・医福室の富原早夏室長(2019年6月撮影)

経済産業省・医福室の富原早夏室長(2019年6月撮影)

 経済産業省の医療・福祉機器産業室の富原早夏室長は本紙の電話取材に応じ、人工呼吸器などの治療機器が海外に大きく依存していることに対し、「今回の新型コロナウイルス感染症流行などの緊急時に、大きな影響を受けてしまう状況となっている」との認識を示した。・・・

■薬価部会 診療側「中間年調査実施する状況にない」
 支払側 新型コロナ制約下での「可能な方向模索を」

 中央社会保険医療協議会は5月27日の薬価専門部会で、2021年4月から実施予定の「中間年改定」に向けた薬価調査をテーマに議論したが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、診療側委員と業界専門委員が「実施する状況にない」と口をそろえた。・・・

■GEヘルスケア 簡易CT室の提供開始へ
 新型コロナでの感染防止と早期発見に寄与

 GEヘルスケア・ジャパンは5月29日、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、コンテナ型の簡易CT室(CT in Box)の提供を開始すると発表した。・・・

■【経産省・富原室長との主なやり取り】

Q新型コロナ感染症拡大を機に、医療機器の確保や国内産業育成について改めてご見解をお聞かせください。・・・

■医薬品卸 毎年薬価調査・改定実施見直しを決議
 業界団体通常総会で採択 コロナ禍で環境激変

 日本医薬品卸売業連合会(卸連)は5月28日の通常総会で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、政府が検討している毎年の薬価調査・薬価改定について、議論された当時と、医療や医薬品流通の現況は大きく異なるとして、「実施方針は見直すべき」との決議文を採択した。・・・

JIRA新延晶雄会長(2019年6月撮影)

JIRA新延晶雄会長(2019年6月撮影)

■JIRA 2020年度の活動基本方針を策定
 AIによる産業拡大や、サイバーアタック対策も盛る
JIRA新延晶雄会長(2019年6月撮影)

JIRA新延晶雄会長(2019年6月撮影)

 日本画像医療システム工業会(JIRA)は、人工知能(AI)などの革新的なデジタル技術を駆使し、医療の質向上と医療機器産業の拡大に寄与することなどを盛り込んだ、2020年度活動基本方針を策定した。・・・

■JIRA調査 CTなどの買替年数は12.5年
 保守実施率は診療報酬での義務化の有無で差

 日本画像医療システム工業会(JIRA)は5月26日、2019年度画像医療システム等の導入状況と安全確保状況に関する調査結果を公表し、X線CTやMRIなど7機種合計の平均買い替え年数が過去最高の12.5年となり、長期化傾向が鮮明化していると発表した。・・・

◆超音波診断装置「Aplio a(アプリオ エー)」

◆超音波診断装置「Aplio a(アプリオ エー)」

■キャノンとコニカが協業、産婦人科の超音波診断装置で
 相互の強みを生かし、3機種の販売拡大を狙う
◆超音波診断装置「Aplio a(アプリオ エー)」

◆超音波診断装置「Aplio a(アプリオ エー)」

 産婦人科向けの超音波診断装置の国内販売でキャノンメディカルシステムズとコニカミノルタの協業が始まった。・・・

◆新型コロナ対策に追われる国会議事堂

◆新型コロナ対策に追われる国会議事堂

【記者の視点】
■医療費抑制は停滞し、しばらく財政出動が続く
 薬価の毎年改定も、地域包括ケアも仕切り直しムード
◆新型コロナ対策に追われる国会議事堂

◆新型コロナ対策に追われる国会議事堂

 新型コロナ感染拡大の影響で社会保障改革は停滞するだろう。「国の財政赤字」に対する問題意識が薄れるからだ。・・・

【5月27日付・速報再掲】
■薬価の中間年改定は「官邸の判断待ち」
  21年4月は絶望的、延期、廃止の可能性も浮上

 21年4月に薬価の中間年改定を実施するかどうかは官邸の判断待ちになった。新型コロナウイルスの影響による医療現場の混乱を理由に、27日にオンラインで開催された中央社会保険医療協議会薬価専門部会で反対意見が続出、政府が新たな方針を明示しない限り、議論は一歩も前に進まない状況になった。・・・

◆富士フイルムホールディングス全景(HPより)

◆富士フイルムホールディングス全景(HPより)

■富士フイルム 日立の画像診断事業買収を延期
 コロナ禍で遅れ 今年7月予定を変更
◆富士フイルムホールディングス全景(HPより)

◆富士フイルムホールディングス全景(HPより)

 富士フイルムホールディングスは5月28日、日立製作所の画像診断関連事業の買収を、今年7月の完了予定を延期すると発表した。・・・

Medical Equipments,Devices and Electronics

株式会社薬新

医薬・医療・健康専門の情報通信社

Copyright(C)2010-2020Yakushin Co.,Ltd.All right reserved.